アメカジを熟知したTMT拘りのあったかボアアウター

アメカジを熟知したTMT拘りのあったかボアアウター

By 大石 直樹

今年も早いもので11月を迎えましたね。
気温はもちろんのこと11月という響きが寒いという感覚をプラスしているような気も...。
朝晩と冷え込みも強まってきましたので、みなさま体調管理には十分お気をつけてください。

そんな本日は、TMTのあったかボアアウターを2型ご紹介させて頂きます。デニムやコーデュロイといったアメカジを代表する素材に、機能性の高い中綿を使用した今冬オススメのアウターになります。

カジュアルな冬アウターをお探しの方など是非ご覧ください!


vintage-stretch denim boa jacket

まずはアメカジと言えばなボアGジャン。2ndタイプのGジャンを基にTMTらしく再現しています。ぱっと見でも印象的な味のあるヴィンテージ調の加工感。両胸のポケットは片方はフラップあり、片方はなしとさり気なく魅せるデザイン性。2ndタイプより仕様変更されたウエスト両サイドのアジャスター仕様ももちろん採用。

絶妙な色落ち加減やダメージ感がヴィンテージの風合いを表現。

保温性抜群のボアを襟からジャケット裏、袖先にとふんだんに使用。

袖裏地には、静電気の発生を防止し、尚且つ蓄熱保温機能のある素材を使用。

中綿には、機能素材の『Thermotron / サーモトロン』を使用。
太陽光をそのまま熱に変え、蓄熱保温し、快適な暖かさを生み出してくれるといった素材です。

ヴィンテージのデニムを思わせるその表情はもちろんポイントなのですが、個人的にオススメしたいポイントは、高い防寒性と着心地の良さですね。写真で見ているだけだといまいち伝わりずらいと思いますが、非常に軽くソフトな着心地です。

続いては、今秋冬シーズンのトレンドの一つでもあるコーデュロイを使用したTMT定番アイテムでもあるランチコートです。


sulfide-dyed slub corduroy boa ranch coat

どこかオトナな雰囲気を演出してくれるコーデュロイのランチコート。コチラもTMTらしいアイテムに仕上がっております。昨年も人気だったアイテムですが、今年は着丈を少し長くするなどの細かな修正を加えよりオトナな雰囲気に。

Gジャン同様、保温性抜群のボアを襟からジャケット裏、袖先にとふんだんに使用。

袖裏生地もGジャンと同様の生地を使用。

今秋冬のマストアイテムであるコーデュロイですが、防寒性も高く秋冬の定番として永く愛用いただけます。

フロントボタンなど、ボタンは全て違うデザインとなっており、どこか1点ものを思わせるような仕様に。

内ポケットは、TMTらしいバンダナ柄。

コチラも重くて固いコーデュロイではなく、非常にソフトで軽やかな着心地です。中綿にはGジャン同様、機能中綿の『Thermotron / サーモトロン』を採用しているので高い防寒性も期待できます。着丈が長い分、どこかクラシカルな雰囲気も感じられる今季のランチコート。個人的にはフロントボタンを一番上も留める着方もいい感じです。


いかがでしょうか?アメカジを熟知したTMTだからこそ、ヴィンテージを意識しながらも現代にもしっかりとマッチした仕上がりとなっております。

冬本番も目の前に、是非今季のメインアウターとしてご検討下さいませ。

モードで高性能なラウンジリザードの新作スタジャン

スタジャン=スタジアムジャンパー元々は、スタジアムでの防寒着として野球選手が着用していたものですが、今ではファッションアイテムの定番となっているスタジャン。出自がスタジアムなだけに、チームロゴのワッペ...

大石 直樹 ブログ