傑作と呼ばれる人気定番のデニムシャツが今期も入荷!!

傑作と呼ばれる人気定番のデニムシャツが今期も入荷!!

By 大石 直樹

7月も本日を合わせあと二日。
ここ富山は梅雨明けとはなっていませんが8月を迎えようとしております。
今年はまだ夏らしいことが出来ずままもう8月。
あっという間に夏が終わりそうですね...
BBQにビアガーデン...
8月こそは!!
皆様もぜひ夏のレジャーなどお楽しみくださいね。


そしてAWコレクションの入荷も少しずつ始まっている中、傑作と呼ばれるjunhashimoto定番デニムシャツが今期も入荷してまいりました。

毎シーズン決まって人気のこのデニムシャツ。大まかにオススメポイントを挙げますと

・着るだけでキレイなシルエット演出
・シワなど気にしなくて良いので取り扱いが容易
・着脱がしやすい
・ライトアウターとしても使える生地感に造り
・着用を繰り返すことによりデニム特有の経年変化を味わえる

など、魅力の詰まったアイテムです。
既にお持ちの方も多いかとは思いますが、まだお持ちではない方など、宜ければぜひご覧ください。

『wrinkle hook shirt』

見ての通りシワが印象的なこのデニムシャツ。13.5オンスのデニム生地に特殊な加工を施すことにより、アイテムの顔ともなるシワの表情や、良い具合のユーズド感を生み出してくれています。
こだわりのシルエット、表情を崩さないため、ベイキングという形状を記憶させるための加熱処理を行うなど、生産工程の中にも多くの手間をかけられ作成されています。

前身頃は、ボタンではなくフックのみ。今ではお馴染みのディテールですが、着脱のしやすさを格段にあげています。袖先の留め具もフックとなっております。

シワ加工もただシワが入っているだけだとだらしない印象が増すだけ。縦じまを入れることにより体のラインに沿うようにシワが馴染み、タイトフィットな作りに合間って相乗効果による美しいシルエットを演出してくれます。

ボタンじゃ無くてフックなので、ボタン仕様のシャツよりも羽織りとしても使いやすいです。
程よく厚みのある生地感に、しっかりとした作りが春や秋などはライトアウターとしても着用いただけます。

デニムシャツというカジュアルの定番アイテムですが、ここまで男らしさに品の良さが両立されているものは中々ないのではないでしょうか?
着用写真のように白パンとの相性の良さはもちろん、チノパンやスエットパンツ、スラックスなど様々なボトムスと合わせて着用いただけます。
既にお気に入りのデニムシャツをお持ちという方でも、また違ったデニムアイテムとしてご自身のワードローブに追加してみてはいかがでしょうか!!

ちょっとリッチなポケットTEE

junhashimoto定番カットソー“セリブTEE”は、やはり今期も安定して人気がございますが、今年はちょっとリッチな無地TEEもご用意しております。一見すると普通の無地TEE。特にオンラインでのお...

大石 直樹 ブログ

【ON Photo no.14】easy cargo shorts / AKM

先日BLOGにて紹介しましたAKM×World Workers のリラックスセットアップに続き、またしてもAKM×World Workersコレクションの人気シリーズ。カーゴショーツが入荷いたしました...

大石 直樹 ブログ