HYSTERIC GLAMOUR ヒステリックグラマー

1 件中 1 件表示 - リセット 件のアイテムを表示中

デニム、ミリタリー、ワーク、アウトドアを核とする、アメリカンカジュアルをベースとしたリアルクローズ。そこに1960〜80年代のロックミュージックやアート、ポルノグラフィティ、マスプロダクツといったポップカルチャーのエッセンスを注入し、洗練のシルエットをもって表現することで、オリジナリティに満ちたファインコレクションを提案。また素材から縫製、加工にまで息づく、物作りへの飽くなき探求心&クラフツマンシップも重要なエレメント。ヴィンテージピースに見られる古き良き仕様に敬意を払う一方、テクノロジーを駆使した先進技術も意欲的に取り入れ、同時に独自のマテリアル開発にも余念がない。併せて、その世界観をビジュアル化したグラフィックワークも、ブランドを象徴するひとつ。さらに名立たるミュージシャンやアーティスト、リスペクトメーカーとのコラボレーションを通し、本物からのみ得られるプレミアムな悦びを提供する。

BRAND HISTORY

北村信彦(Nobuhiko Kitamura)は1962年、東京に生まれる。84年、東京モード学園を卒業。卒業後、設立間もないオゾンコミュニティに入社し「ヒステリックグラマー(Hysteric Glamour)」を立上げ、コレクションを発表。設立当初はレディースブランドとしてスタートした。愛称はHYS(ヒス)。86年、原宿に直営店をオープン。91年、ロンドンで「Hysteric Glamour UK」の生産を開始、98年には「Hysteric Glamour USA」を設立。99年、香港にオンリーショップをオープン。ヒステリックグラマーは84年の設立以来、確実に拡大し、現在では日本全国、及び海外にショップを構える。ヒステリックグラマーの人気の上昇とともにベンチャー企業に近かったオゾンコミュニティの事業も拡大、年商60億を超える会社に成長した。2008年、大阪・梅田の阪急百貨店「メンズ館」にスタイリストで有名な野口強の呼びかけで、アンダーカバー、N.ハリウッド、ナンバーナイン、ヒステリックグラマーが集結したセレクトショップ「クアドロフェニア」がオープンした。同年、アーティストiGoogleのプロジェクトに参加。このプロジェクトには、ア ベイシング エイプのNIGOやドルチェ&ガッバーナなども参加している。