【FOG ESSENTIALS】FEAR OF GODが低価格化を実現したセカンドライン

【FOG ESSENTIALS】FEAR OF GODが低価格化を実現したセカンドライン

By 谷野 雄一郎

今、世間でトレンドとなっているストリートスタイル。
今回は大注目の新取扱いブランド「FOG ESSENTIALS(エッセンシャルズ)」をご紹介させていただきます!!
現在国内でも取扱いがある店舗は少なく、Temptでもオンラインストアにアップしたところ、ブランド目的で来店が増えるということもあり、人気ブランドということを実感しています。

では簡単にブランドの説明からさせていただきます。

FEAR OF GOD(フィアオブゴッド)とは

FEAR OF GOD(フィアオブゴッド)はLAでJerry Lorenzo(ジェリー・ロレンゾ)により立ち上げられたブランド。
あのKanye West(カニエ・ウェスト)が愛用しているブランドとして注目されています。ストリート、グランジ、ロック、モード、スポーツ、様々な要素を取り込んだアイテムは、生産数が少ないため世界的に入手困難なレアブランドとなっています。

FOG ESSENTIALS( エフオージーエッセンシャルズ)とは

人気ブランド「FEAR OF GOD(フィアオブゴッド)」のディフュージョンラインとして登場した「ESSENTIALS(エッセンシャルズ)」。もともとアメリカ・カリフォルニアを拠点とするセレクトショップ「PacSun(パクサン)」のコラボレーションラインとして人気を博していた「F.O.G」の後継ブランドとしてスタートしました。ブランド名は、”欠くことのできない、必須の”という意味。その名の通り、ベーシックな定番を中心にそろえています。

「ESSENTIALS」(エッセンシャルズ)の魅力

FEAR OF GOD(フィアオブゴッド)の様なデザインを軸にしながらも、手に入れやすいリーズナブルな価格が魅力。
文句のつけようがない完璧なシルエットを作り出すアイテムがそろい踏み。
数多のアーティストをはじめ、10代~20代の若者から絶大な支持を集めています。

続きまして入荷した商品をご紹介させていただきます!!



デザインはいたってシンプルですが「ESSENTIALS」の文字が存在感抜群。
バックプリントは一見カジュアルに感じますが、計算されたロゴフォントや配置でどことなく上品な印象にも感じられます。
ゆったりとオーバーサイズに着こなすのがオススメ。
サイズ感はかなり大きめになっているので普段着ているサイズよりワンサイズ落としても良いかもしれません。
上下ラフにオーバーサイズで着用しても良いですが、パンツはタイトなものを選んでいただいてスニーカーで、というのが個人的にはオススメです。

シンプルかつ価格帯もリーズナブルなので取り入れやすい今トレンドのラグジュアリーストリートスタイルを体現してみませんか??
ストリート好きな方はもちろん、興味がある方もオススメできるブランドとなっておりますので、ぜひチャレンジしてみてください。


[GARNI] Accessories of private properties

日頃のご愛顧ありがとうございます。先日、個人的に気になっていたブレスレット2型の新作入荷がございましたので、個人買いさせて頂いた私物も含めてご紹介したいと思います。正直、付け方のマニュアルや、ルールと...

老松 隼人 ブログ

【FOG ESSENTIALS】人気のS/S TEEでサイズ比較検証

飛ぶ鳥を落とす勢いのFOG ESSENTIALS。店頭、通販共に凄まじい勢いで売れていきます。そこでお客様からよくお声をいただくのが、どのサイズを着たら良いの?というサイズ感についてのお問い合わせが多...

谷野 雄一郎 ブログ

【2020SS】T-shirts Collection

今回は、当店でお取り扱いのある中でも特にお勧めの商品をご紹介。それぞれ質感やサイズ感が異なる商品をピックアップ致しましたので、デザインが好きだけど着用感がイメージ出来ず、購入に踏み出せなかった方々もお...

老松 隼人 ブログ

【GARNI】 Andy series

GARNIより、新作を迎えた全6型のご紹介。1997年に設立され、アクセサリーブランドとして確かな地位を築き上げた歴史ある当ブランドですが、ハイクォリティなファッション雑貨も必見です。Andyシリーズ...

老松 隼人 ブログ

【NILøS】MMXX EXTRA COLLECTION

NILøSからEXTRA COLLECTIONの入荷がございました。当店では初となる今回は、ヴィジュアルアーティストのJesse Draxlar / ジェシー・ドラクスラー氏とのコラボレーション。メイ...

老松 隼人 ブログ